こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今日は、世界保健機関・WHOが南アフリカで手掛けた啓発プロモーションをご紹介します。

「石鹸で手を洗うだけで、子どもの感染症が70%減少した」という事例が、アフリカで過去にあるそうです。
その名も、”HOPE SOAP”プロジェクトです。


南アフリカのケープタウンでは、衛生環境が整っておらず、

毎年多くの子どもが感染症で亡くなっていました。

ある研究で、「石鹸で手を洗う」と感染症予防になることがわかりました。

そこで、子どもたちに手を洗ってもらうプロジェクトが考えられました。

しかし、「石鹸で手を洗う」習慣がない子どもたちに、

手を洗ってもらうにはどうすればよいでしょうか?

その問いに対するプロポジション(提案)は、"透明な石鹸の中におもちゃを入れる"ことでした。

子どもたちは、中に埋め込まれたおもちゃが欲しくて、一生懸命手を洗いました。

結果として、70%も感染症が減ったというから、驚くべき成功例ですよね。

ただ石鹸を配るだけは、この事例はここまで成功しなかったでしょう。

石鹸で手を洗う習慣がない人に、それを押し付けても中々習慣づけられません。

中におもちゃを入れることで、"おもちゃを取り出したい!"という欲求が、

見事に石鹸を使う習慣に結びつきました。見えない欲求を探り、

"人を動かす動機"つまりインサイトを良くとらえ、

子どもたちが必死で石鹸で手を洗うという行動を起こさせ、結果に結びつきました。


このように、人は何かきっかけがないと、中々思い通りに動かすことはできません。

「何かしてほしいときに、どうすればその行動に出るか?」を探すことは、

プロモーションをする上で考える重要なポイントになりますね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村