こんにちは。

 

広告会社で働く管理栄養士、ナカノの上司で、広告会社で働く薬剤師のイノウエです。

 

先日、アメリカの最大級の獣医療学会、『WVC 89th ANNUAL CONFERENCE』に行ってまいりましたので、その一部をご紹介します。

 

学会会期は5日間、そのうち企業展示は4日間行われます。

学会に限らずアメリカのイベントは、すべて事前参加登録、事前支払をした上で、当日会場にて登録情報に基づき、参加パスが発行される仕組みです。

(参加者、展示出展企業共にです)
 payment

▲参加登録メール。1日の参加で250US$です。

 

さて、この事前支払がプロモーションで重要なポイントになっています。

実はこのタイミングから、学会のアプリのダウンロード案内、カンファレンス案内とメールが届きますが、

一番多いのが広告メールです。

 

THIS IS A PAID ADVERTISEMENT.

WVC DOES NOT ENDORSE SPECIFIC PRODUCTS OR BRANDS

(これは広告です。学会(WVC)が製品やブランドを支持しているわけではありません)

 

と冒頭にかかれたHTMLメールが次々と届きます。
 12
345

▲広告メールの一例

 

主な内容としては、企業展示ブースの場所、展示製品、セミナーの開催日時の案内が主となります。

 

一見嫌がられそうな広告メールですが、この学会は5日の開催で、しかも出展企業の番地は4900番台までありますので、参加される先生方も、ブースに立ち寄りたくても見渡して探すのは困難ですし、セミナーも山のような中から選ばなければいけないので、新製品などにからめたセミナーや展示を見逃さないためにも、意外と有益なのでは?という印象も持ちました。

 

もちろん企業側からも、この広い会場から立ち寄っていただくのはそれ相応の工夫も必要ですので、
この広告メールは重要な事前集客方法ですね。

 

ちなみに、直前の学会からの案内やThanksメールも含め、半月強で合計23受信しました。

 

その他にもこのブースに立ち寄っていただく工夫がありましたので、それはまた次回のブログでご紹介します!

広告会社で働く薬剤師のイノウエでした!
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ