こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、テレビを見ていたらアナウンサーが、

「アカモクという海藻は食物繊維が豊富に含まれていて注目を集めています」

と言っていました。 どうやらメカブのような、ぬるぬるした海藻のようです。さらに、

「なんと、食物繊維がキャベツの3倍も含まれているんです!」

とも伝えていました。これを聞いて皆さんどう思われますか?
150630_キャベツ
「そんなにたくさん含まれているのか!」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。私はというと・・・

「キャベツって食物繊維多くないよね・・・。 」
「100g当たりで比較したのかな?」

と思いました。職業病というか、考え方のクセです。

実はキャベツには100g当たり1.8gの食物繊維が含まれています。
食物繊維が豊富に含まれるゴボウは、100g当たり5.7gです。
おおよそ3倍ですね。なるほど、ゴボウと同じくらい食物繊維が含まれていれば、
アカモクには食物繊維が多く含まれていると言ってよいですね。

同様に、「レタス○個分の食物繊維含有!」とうたわれた広告も見たことがあります。

キャベツやレタスは大きな野菜ですし、食物繊維について詳しく知らない方は、
食物繊維が豊富に含まれているようにイメージされるかもしれません。

ですが、実際には食物繊維豊富とうたえるような食品ではないのです。(レタスの食物繊維は1.1g/100g!)
それでも、たくさん入っているようなイメージがわくので、皆さんが手をのばしたくなる気持ちもわかります。

広告を作る側は、どうすれば皆さんが商品に手を伸ばしてもらえるか考えるでしょうから、
一つの戦略と言えるのかもしれません。もちろん、間違いではないので、問題はないと思いますが、誇大広告にならないよう、その商品にとってメリットのある表現は必要と思います。

表現方法などでお悩みがありましたら、是非弊社にご相談ください!
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
 ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ