広告会社で働く管理栄養士のブログ

医療系広告会社「MEクレア」で働く管理栄養士が発信するブログです。                          日常生活から仕事に結びつくヒントを日々、探しています。 気が付いたことを発信していきます。

管理栄養士

歯に貼り付けて食べたものを感知する超極小センサーが開発された!?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今日は、画期的な研究をご紹介します!

2018年3月、アメリカのタフツ大学工学部の研究者が、

歯に装着できる小型のセンサー
ウェアラブルデバイス)を開発したと発表しました。

※ウェアラブルデバイスとは、腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末デバイス)の総称です。

歯につけるだけで、食事した時の糖分、塩分、アルコール摂取に関する情報を

スマホなどに無線で伝えることが
できるそうです。
00_m

従来の栄養指導は、食べた食事を記録することから指導していました。

患者さんの主観情報です。

しかし、正確なグラム数などを測定することは難しいです。

自分が食べた食事を写真に撮って記録しても、塩分が何gかまではわかりませんでした。

センサーにより、食べた時にすぐ情報が栄養指導者の元に届けば、間食など、

記録し忘れたり、隠れてお菓子を食べていたことなどもすべて記録できますよね。

センサーを使えば、「今日は糖分をとりすぎだから控えて」などの指導が的確にできるというのです。

客観的情報ですよね。

画期的ですね・・・!まだ日本では使えないですが、早く使える日が来ると良いですね。

これが使えるようになるまでは、患者さん情報が一番信頼ができますから、

地道な栄養指導やツールが必要ですね。

塩、糖、アルコールがわかるとのことですが、

脂質、タンパク質、ビタミンやミネラル、などの5大栄養素までわかると

足りない栄養素を補ったり、過剰な栄養素を防ぐことができますね。


これを歯科医院が導入して、管理栄養士を雇っておけば、的確なアドバイスができそうです。

歯医者で働く管理栄養士はまだ少ないですが、活躍の場が広がるかもしれないですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

第三者からの情報が信ぴょう性を増す!・・ ―ウィンザー効果―

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今や口コミサイトを見ない日はないのではないのかと思うほど、

盛況ですよね。私がよく見るのは『@cosme』です。有名ブランドから新コスメが出て欲しい時、

「値段が高いけど効果はどうなのか?」と調べることがあります。

このように、運営サイトや販売者からの情報より、

商品販売に直接関わりのない第三者からの情報の方が、心理上の信ぴょう性が増すことを、

"ウインザー効果"と呼びます。

口コミを表すアブストラクト3DCGイラスト-photolibrary


例えば、仕事を紹介してもらう時も同じ効果が使えます。

職場でいきなり飛び込み営業されたり、知らない番号から電話がかかってきて突然、

「わが社はこういう仕事をしており、こんなことができます!ぜひ仕事を頼んでください」

と言われて、ぜひ仕事を頼みたいと思うでしょうか?

よっぽど興味がない限り、「間に合っているので」などと言ってお断りしますよね。

ところが、間に誰か共通の知り合いがいて、その方に紹介された場合はどうでしょう。

しかも、その共通の知り合いが、

「この人はいい仕事をするから、安心して任せられるよ」

と口添えしてくれたらいかがでしょう?

第三者によって会う前から「いいな」という印象を持ちますよね。

これで、ぐっと仕事につながりやすくなります。

ただし、この効果は「思っていたのと違うんだけど…」と思われると逆に印象が悪くなってしまいます。

紹介してくれる方の顔にドロをぬらないようにするためにも、

日頃から紹介されるような自分でいることが大切ですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

すすめられるとつい買ってしまう!・・ ―テンション・リダクション効果―

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

アマゾンや楽天市場などでネットショッピングをされたことはありますか?

欲しいものをポチっと購入した後に、

「この商品を買った人はこちらの商品も購入しています」

という画面が出てきたことがある人は多いと思います。

実はこれも心理学効果なんですね。

人はある商品の購入を検討している時は、緊張しています。

自分に必要か?価値は適正か?などと考えた末に購入を決めます。

一度買い物を済ませると、緊張から解放され、無防備になります。

そのスキをついて、「これも一緒にいかがですか?」とすすめられたものは、

つい買ってしまいがちです。

お財布-photolibrary


例えば、以下のように・・・。
  • ファストフード店でハンバーガーを注文した時、ポテトやドリンクをすすめられる。
  • スマホを購入した時、ケースや保護シートをすすめられる。
  • コンビニのレジの横に置いてあるガムをお会計時につい買ってしまった。
  • 海外旅行に行く時、「もしも」のために保険加入にすすめられる。
  • 車を購入したときに、オプションをすすめられるとつい一緒にオーダーしてしまう。
皆さんもこのような経験が一度は経験があるのではないでしょうか?

このように、つい一緒に買ってしまうことを"テンション・リダクション効果"と呼びます。

この効果は、お財布のヒモが緩んだ瞬間につい買いたくなる心理を突いています。

"テンション・リダクション効果"を購買行動で成功させるポイントとしては

もう一つ、購入後のときに“本来の購買目的の物の価格よりもぐっと安いものを提示する”

ことです。タイミングを見計らって活用してみてくださいね!


広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

石鹸で手を洗うだけで子どもの感染症が70%も減る!?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今日は、世界保健機関・WHOが南アフリカで手掛けた啓発プロモーションをご紹介します。

「石鹸で手を洗うだけで、子どもの感染症が70%減少した」という事例が、アフリカで過去にあるそうです。
その名も、”HOPE SOAP”プロジェクトです。


南アフリカのケープタウンでは、衛生環境が整っておらず、

毎年多くの子どもが感染症で亡くなっていました。

ある研究で、「石鹸で手を洗う」と感染症予防になることがわかりました。

そこで、子どもたちに手を洗ってもらうプロジェクトが考えられました。

しかし、「石鹸で手を洗う」習慣がない子どもたちに、

手を洗ってもらうにはどうすればよいでしょうか?

その問いに対するプロポジション(提案)は、"透明な石鹸の中におもちゃを入れる"ことでした。

子どもたちは、中に埋め込まれたおもちゃが欲しくて、一生懸命手を洗いました。

結果として、70%も感染症が減ったというから、驚くべき成功例ですよね。

ただ石鹸を配るだけは、この事例はここまで成功しなかったでしょう。

石鹸で手を洗う習慣がない人に、それを押し付けても中々習慣づけられません。

中におもちゃを入れることで、"おもちゃを取り出したい!"という欲求が、

見事に石鹸を使う習慣に結びつきました。見えない欲求を探り、

"人を動かす動機"つまりインサイトを良くとらえ、

子どもたちが必死で石鹸で手を洗うという行動を起こさせ、結果に結びつきました。


このように、人は何かきっかけがないと、中々思い通りに動かすことはできません。

「何かしてほしいときに、どうすればその行動に出るか?」を探すことは、

プロモーションをする上で考える重要なポイントになりますね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

メタ認知を鍛えるには、セルフモニタリング?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

3/14に放送されたホンマでっか?!TVを皆さんは見ましたか?

ホンマでっかTVは、気軽に心理学や脳科学が学べるメディアだと思っています。

ゲストに所ジョージさんが来て、「買ってよかったものベスト10」を発表していました。

その中で脳科学の中野信子先生が、

「所さんは"メタ認知"が高く知的な方です」

と言いました。

メタ認知とは、自分のことを客観的に見つめ、自分のコントロールができることです。

所さんは、ドライフルーツとナッツの組み合わせたものを、お気に入りのカラフルな瓶につめていて、

「ナッツを食べれば健康になるというけど、ナッツを食べるまでに瓶につめかえるという作業の過程も含めて健康になるんだと思う」

と持論を展開していました。

他の発言も含め、トータル的に所さんを観察していた中野先生が、

「自分を客観的に見る能力が高い」と大絶賛していました。

仕事をする上でも、自分のことを理解し、自分の弱点を知り、

対策を練れば今より質のよい仕事ができますよね。

気になってメタ認知について少し調べると、「メタ認知能力は鍛えられる」ということがわかり、

その方法について更に読むとハッとさせられました。

"セルフモニタリング"という言葉にたどり着いたのです。

自分の行動を観察・記録評価することですが、私はこの言葉を知っていました。

というのも、大学の時に栄養教育論を学んだ際、

体重管理をするには、セルフモニタリングが一番お金のかからない方法だと聞いたのです。

体重を量る男性-photolibrary


実際に、栄養指導の方法として使われている手法です。

例えば、体重を毎日測り記録をつけるだけですが、

もし体重が増えていたら、自然と次の食事を控え目にするようになるのです。

無意識に手がのびていたおやつに、意識的に手をのばさなくなっていきます。

自然と行動変容が起きてくるのです。

「本当にたったそれだけで?」と思う方は、ぜひ試してみてください。

すると、夏に痩せて冬に太っているな・・・など、自分の傾向もわかるようになります。

私は管理栄養士で体重管理はできているので、仕事に関して応用してみようと思います!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード