こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今日は、画期的な研究をご紹介します!

2018年3月、アメリカのタフツ大学工学部の研究者が、

歯に装着できる小型のセンサー
ウェアラブルデバイス)を開発したと発表しました。

※ウェアラブルデバイスとは、腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末デバイス)の総称です。

歯につけるだけで、食事した時の糖分、塩分、アルコール摂取に関する情報を

スマホなどに無線で伝えることが
できるそうです。
00_m

従来の栄養指導は、食べた食事を記録することから指導していました。

患者さんの主観情報です。

しかし、正確なグラム数などを測定することは難しいです。

自分が食べた食事を写真に撮って記録しても、塩分が何gかまではわかりませんでした。

センサーにより、食べた時にすぐ情報が栄養指導者の元に届けば、間食など、

記録し忘れたり、隠れてお菓子を食べていたことなどもすべて記録できますよね。

センサーを使えば、「今日は糖分をとりすぎだから控えて」などの指導が的確にできるというのです。

客観的情報ですよね。

画期的ですね・・・!まだ日本では使えないですが、早く使える日が来ると良いですね。

これが使えるようになるまでは、患者さん情報が一番信頼ができますから、

地道な栄養指導やツールが必要ですね。

塩、糖、アルコールがわかるとのことですが、

脂質、タンパク質、ビタミンやミネラル、などの5大栄養素までわかると

足りない栄養素を補ったり、過剰な栄養素を防ぐことができますね。


これを歯科医院が導入して、管理栄養士を雇っておけば、的確なアドバイスができそうです。

歯医者で働く管理栄養士はまだ少ないですが、活躍の場が広がるかもしれないですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村