こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、お客様が出展された日本睡眠学会に行ってきました。
jssr_bnr

不眠症へのアプローチが多く発表されていました。

企業展示を見ていると、睡眠時無呼吸を防ぐ装置や、リラックスアイテム、食品、サプリメントなどが数多く展示されていました。 

各企業さん、自社の製品を展示していましたが、

企業によって展示の目的が違い、そのためにしているアプローチも様々でしたので、
日本睡眠学会を例にして展示の目的と施策内容を整理すると、大きく分けて2つあります。

目的1.医師から、自身の病院やクリニックで患者さんに勧めてもらいたい
カフェインゼロの飲料や、アイマスクなど、サンプリングをしていました。
先生に体感してもらい、さらにクリニックでのサンプル資材の提供も行っていました。
先生だけでなく、患者さんにも実際に体感してもらうことで、勧めてもらいやすくなりますね。

目的2.医師に、自身の病院やクリニックに機械を導入してほしい
    医師から、自身の病院やクリニックで治療具を勧めてもらいたい

アンケートに答えた方に、やや高級感のあるノベルティをプレゼント
患者さんがご自宅で使う治療具を勧めるのも医師の役目。
医師の方が紹介しやすいように、アンケートに応えれば治療具の模型が入ったマウスをプレゼントしている企業さんもありました。これならデスクで毎日使うものですし、いつも手の下で模型を見たら、忘れないですね!名入れボールペンもやはり多くありました。
アンケートに答えるだけでちょっと嬉しいグッズがもらえて、企業は見込み客の大事なお名刺をゲットできます。

いずれにせよ、製品を覚えてもらう、試してもらう、勧めてもらうために、各企業さん知恵を絞っておられました。
今は、ただ製品を説明するだけではタッチポイントが作りづらいのだと思います。

同様の学会企画をご検討中の方は、是非、弊社にお任せください!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ