ヘルスケア系プロモーション会社MEクレアのブログ

ヘルスケア系プロモーション会社「MEクレア」スタッフのブログです。

広告会社

役者も一緒に休憩?!演出が面白い六本木歌舞伎

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、プライベートで六本木歌舞伎『座頭市』を観に行ってきました。
roppongi_kabuki
市川海老蔵さんと寺島しのぶさん主演で、エンターテイメント性の強い舞台でした。
海老蔵さんが講演中客席に降りてお客さんに
「六本木方面はどちらですか?」と話しかけたり、
その日たまたま鑑賞に来ていた中村獅童さんに話しかけて、場を盛り上げたり・・・!
特に休憩中は、出演されている役者さんが途中から皆さん歌舞伎の衣装メイクのまま、
お客さんに交じって一緒に休憩していました。

ドリンクバーで飲み物を購入して飲んだり、空いている客席に座って休憩したり。
その時、写真は撮り放題。お客さんも大興奮!皆さんカメラを向けられていました。
役者さんがお客さんに写真を応じられると気軽に一緒に撮ってくれて、
#六本木歌舞伎 のタグをつけて皆さんSNSにアップされていました。
私は、役者さんとドリンクを飲みながら一緒に休憩しました。
衣装が普段の歌舞伎よりきらびやかで、パリコレの方がデザインされた衣装だそうです。
また、舞台の上では役者さんが一部アドリブで話すシーンもあり、
「昨日と違うセリフを言ったから相手も戸惑ったかもな」
なんて、教えてくれました。
roppongikabuki
歌舞伎は普段からお客さんとの距離が近めですが、今回はより身近に感じられました。
また、休憩後は役者さんが3人でMCをつとめられ、お客さんも役者さんも皆で手拍子をして、ラップまで披露され、ミュージシャンのライブのように一体感も感じられました。
とても面白い演出で楽しめました。
歌舞伎も、面白い演出をしてSNSで拡散され話題を呼び、口コミで広がる時代なのかな
と、時代に伴うプロモーションの変化を感じました。
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

コンタクトショップで見つけたひとり言POP

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

広告の仕事には色々な種類がありますが、「コピー」を考えるのもそのうちのひとつ。
「お客様の心をキャッチするようなキャッチコピーをたくさん思いつきたい」と思い、
先日、『そのまま使える「爆売れ」コピーの全技術という本を読みました。

その本に、 キャッチコピーを作るコツの1つとして、
「ひとり言にする」が紹介されていました。

「誰かのひとり言」「買い手の思い」をリンクさせ、コピーがお客さまのココロを代弁していればOK」だそうです。
その良い例を、とあるコンタクト売り場で発見しましたのでご紹介します。

▼以下の写真をご覧ください。


コンタクトショップの、レジの足元に貼られていました。

あっ!!ケア用品も買わないと」

これ、まさしく"ひとり言"ですよね。
これを読んだ方は、「私も買わないと!」とか「私もケアしないと」と、
多くの人が共感するでしょう。

しかも、レジでお会計中に、店員さんがお客さんに、「コンタクトと一緒にご購入の場合には割引がきく」と言ってケア用品をすすめていました。POPとダブル効果になるのではないでしょうか。

街中にあふれるコピーから、ひとつ勉強になりました!
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!


「飽きた」を解消!ポケモンGOがハロウィン限定イベント?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。
今日はハロウィンですね🎃今回のネタはハロウィン×ポケモンGOについてです。

以前、「ポケモンGO」配信開始!実は健康に良いアプリかも!?を書いた時から
約3ヶ月経ちました。
私はすっかりブームが終わってしまい、最近ではアプリを開くことすらありません。
完全に「飽き」てしまいました。

ポケモンGOは、配信から1ケ月でギネス記録にのるほどのダウンロード数を誇り、大ブームとなりました。
しかし、ゲームのレベルが上がるにつれ、次のレベルに到達しにくくなったり、同じポケモンばかり出現して「飽きた」などの声も多かったようです。

そんな時に、妹が「家の中にゲンガー(ポケモンのキャラクター)がいるよ!」
と教えてくれました。
話を聞いていると、ゲーム運営側が「飽き」脱却のためにイベントを行っていることがわかりましたので、私なりに考察してみます。
※内容はポケモンGOの公式Twitter、公式サイトで公式イベントが発表されています。

アプリを開いてほしい!⇒レアポケモン出現!

まずは私のように、飽きてしまった人にどうやってアプリを起動させるか。
普段中々出現しないレアポケモンの出現率がUPしました。
しかも、レアポケモンはハロウィンにちなんだゴーストタイプやエスパータイプ。
▼出現率がアップしたポケモン 
2016-10-30-18-17-08
イベントごとに、連動させたポケモンが出現したら、そのポケモン欲しさにイベント期間中はアプリを開く人が増えると思います。

ゲームを進めてほしい!⇒"アメ"が2倍もらえる!

スマホ片手にポケモンを捕まえる…夏ごろにいたるところで見られたポケモンGO現象。
あまり見なくなりましたが、またこのブームを起こすためか…
通常通り歩けば、イベント期間中はアイテムである"アメ"がいつもの2倍もらえるとのこと。
例えばギャラドスというキャラクターは、コイキングから進化するのに"アメ"が400個も必要です。
この期間にコイキングを連れてたくさん歩けば、コイキングがアメをたくさん見つけます。
妹がようやく400個集めた"アメ"で進化させたポケモンの写真を自慢してくれました。
▼コイキングから進化させたギャラドス
2016-10-31-15-14-04


このイベントは11/2に終了予定ですが、もしかしたら、クリスマス期間にまたイベントを行うかもしれませんね! 
イベントが始まったとしても、パズドラなどもイベントをたくさんしても飽きられている傾向にあるそうです。
こうならないように、ポケモンGOならではの施策が展開されるのでは?と期待しています!
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

バナナの形をしたペーパーウェイト!製薬会社が名前を覚えてもらうために配ったノベルティとは?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、とある診療所にお邪魔したとき、診察室に変わった置物を見つけました。

ペーパーウェイトなのですが、バナナの形をしていました。
その名も、"バナン"
image
先生によると、"バナン"はお薬の名前。抗生物質で、発売当初、名前を覚えてもらうために製薬会社がノベルティとして配っていたそうです。

ずっしりと重くしっかりしていますが、シールは色あせていて、かなり年季が入っています。
こちら調べてみると、1989年に発売されていました。
27年間、ずっとこの診療所に置かれていたのでしょうか?
長持ちですね!

ノベルティを考えるときは、実用性、価格など考慮しますが、
安さにとらわれてすぐに使えなくなるものより、
多少高くても長い間使えるものを考えるのも一つの手ですね。愛用されればずっと使っていただき、より多くの方の目にとまることでしょう。
最近は規制も厳しくなり、製薬会社からのノベルティは少なくなっているようですが・・・。
参考になれば幸いです。
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

"特許出願"経験から身に付いた企画における事前準備力

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今月のはじめに、企画指導の先生を交えて社内でプレゼンテーションを行い、
評価していただく機会がありました。

反省点はたくさんありますが、その時に私が先生に、
事前準備力の感覚にたけている、事前に準備しておかないと危険だということを、理解している」と言われました。

初めて言われたので、全然自覚がなく、自分にそんな感覚が備わっているのだろうか?と考えました。すると…思い当たる節がありました。

それは、"特許出願"の経験です。

特許とは、新たな技術を開発したものに独占的な権利を与えるものです。

新しい技術だからと言って何でも特許が成立するわけではありません。
かなりの下調べと、検証が必要です。おおまかな流れは以下の通りです。

①過去に、似たような技術の特許が出願されていないか
②似たようなものがあるとすれば、差別化できるポイントは何か
③出願しようとしている新しい技術は誰が何度やっても、再現性があるのか

ここで重要なのが①です。
まずは過去に似たような技術の出願がされていないか、特許のデータベースから検索します。
もし、同じような特許があると知らずに出願した場合、その特許を侵害し、訴えらる可能性もあります。こうならないように、「下調べが重要」になるのです。

まさに、下調べが不足していると危険だということです。
いつも先生の指摘が的確で、はっとさせられます。


また、下調べをして、例え似たような技術があったとしても、新しい技術でさら可能になったポイントを示し、比較して差別化できます。

企画でも同じことが言えます。例え過去に似た事例があったとしても、新たに新しい提案を入れてパワーアップさせれば、価値が認められます。

さらに、スピードも大切です。誰かに同じものを出願されてしまったら、たとえ自分が先に思いついていたとしても、権利化できません。早い者勝ちです。企画も同様ですね。

企画は、"下調べ+α"ですね。+αの部分、これからも頑張ってたくさん提案いたします。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード