こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、ドラマ『ブラックペアン』を見ていたところ、

ぐっとくるセリフがありました。

医療ジャーナル誌「日本外科ジャーナル」の編集長・池永英人を演じる加藤浩司さんが、

「患者さんの命を救うために論文があるんです」

というようなセリフを言って、教授の心臓手術の方法を見つけ出すきっかけになりました。

このセリフを聞いて昔観た映画を思い出しました。

『ロレンツォのオイル』という映画です。

映画の内容は詳しくはこちらを参考にしてください
映画化した感動の実話「ロレンツォのオイル」の知られざるその後

難病にかかった息子を助けるため、両親が国立衛生研究所の図書館に通い詰めて

論文を読み漁り、難病を治す可能性のあるオイルにたどりつきます。

実は、この話は実話なんです。疫学に全く縁のなかった夫婦が、息子を救うために

調査をしていき、新たな仮説にたどり着き、

5歳の時にあと2年しか生きられないと言われた息子が、

30歳まで生き延びた感動の実話です。

学生時代に栄養疫学を学んだ時にこの映画を観せてもらい、教授に、

「今はインターネットで簡単に論文検索ができるようになったけど、

昔は手で文献を調べていた。この夫婦は疫学という学問のお手本になる。

君たちも研究はこういうことだって知っておいて」

と言われました。

1つの論文には様々な参考文献が載っています。

多くの論文に引用されるほど、その論文の価値が上がっていきます。

ドラマでも教授選で勝つためにインパクトファクターを競っている場面が描かれてきましたが、

冒頭で書いた加藤さんのセリフが、医療の本来の目的を思い出させてくれるように思えました。



現在仕事で、参考文献として書かれた論文のタイトルや

ジャーナルをチェックすることがあるのですが、普段から、漏れがないか気を付けています。

論文を探す人が必要とする情報は、

「著者名、論文タイトル、ジャーナル名、ジャーナルが発行された年、号数、ページ数」です。

実際に図書館などで探すとわかりますが、1年にジャーナルが何回も発行される場合、

号数も重要です。月に1回発行されるジャーナルなら、12冊の中から探さなくてはなりません・・・

これは結構な手間なのです。


これからも、論文を必要としている方のことを思い浮かべ、

その制作物を見る人が参考文献となった論文を確かめたいときに、必要な情報を載せ、

いつでも論文に辿り着けるようにお手伝いできればと思います!



広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」