ヘルスケア系プロモーション会社MEクレアのブログ

ヘルスケア系プロモーション会社「MEクレア」スタッフのブログです。

マーケティング

二日酔いの医師ねらい?!学会での効果的集客

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

早いもので、このブログを始めてから約半年が経ちました。

週1~2のペースで更新し、今までに投稿した数は43。 

学会や展示会、イベント など、マーケティングに役立つ情報をお届けしております。

今日は、初めて行った学会でユニークな切り口で展示ブースへの集客をしていた例を思い出したので、ご紹介します。
私が初めて学会に参加したのは、今から6年前。新潟で開催された
日本摂食嚥下リハビリテーション学会でした。

学生で勉強のために参加しました。朝着いて、ランチョンセミナーのチケットを入手するために並び、企業ブースを回り、 教授が座長を勤める講演を聞き、ランチョンセミナーを聞き、自分の研究に関連がありそうな講演を分厚い抄録から探して聞きに行き、ポスターも見て回り・・・新潟観光なんてする暇のない、とにかく濃い2日間でした。

食品関連の学会ですので、企業ブースは試食も多く行っています。
新商品の介護食を試食して集客をする企業が多い中、
全く違った切り口で人が集まっている企業がありました。

その企業は、"経口補水液"を配っていました。
普段、薬局やドラッグストアでしか購入できない商品です。
なぜ、こちらに人気が集まっているかというと・・・
二日酔いに効果てきめんだからです。

2日連続で行われる学会、1日目の夜は懇親会に行かれる方も多くいらっしゃると思います。
ですが、次の日も朝から学会に缶詰。二日酔いなんて言っていられない・・・
そんな方の救世主なんだそう。
「経口補水液の中身もご存じの医療従事者が朝一で来て、飲んでいく」と
企業ブースで接客していた方に教えていただきました。

その横には、経腸用半固形剤と胃ろうチューブ等を接続するために使用する専用のアダプタを展示していました。"経口補水液"で医療従事者を集め、飲んでいる間に医療従事者に使ってほしい製品の説明をする。

とても効果的な集客ですね。

今になって過去を振り返ると、違った視点で気づくことがたくさんあります。
思い出したら随時掲載します。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

 ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

"2秒の口どけ"から学ぶ企画のヒント

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。
先日、神奈川県で"生ぷりん"なるものを食べてきました。
私が想定していたプリンからかけ離れていました。

この状態で出てきたのです。
2016-09-19-12-28-22
なんと、白いプリンの上に生卵をのせていただきます。
白いプリンと言っても、しっかりかたまっておらず、とろとろの状態でした。
右上の黄色いひよこから白いプリンの上に卵黄を落とします。
2016-09-19-12-32-04
そして、左下のカラメルソースをお好みでかけます。
2016-09-19-12-32-18
卵黄と白いプリンを軽く混ぜ合わせ、いただきます。
卵の香りを強く感じ、味は濃厚、食感はとろとろ、クリーミーでした。
今までに食べたことのない、まさに生の状態のプリンでした。
エリスマン邸内のしょうゆ きゃふぇでいただけます。皆さんもぜひお試しください!
口どけに癒されます

癒されると言えば、一昔前に、「2秒の口どけ」というプリンが発売されました。
こちらのプリンは、以下の開発背景があります。

プリン(甘いもの)を食べたい時は癒されたい時。

その時の状態は疲れている。
疲れている時には口どけの良いものが食べたい。
食べることで癒され感を感じるのは、味覚と食感に働きかける必要がある。
それには「2秒の口どけ」が最適。
そこで、2秒で口どけるプリンが開発された。
※2秒より長いと「口どけのよさが弱くなる」短いと「食感が流動的で味覚のみしか残らない」とのこと。


開発する食品、ターゲットを決め、どんなシーンに食べるかを想定という流れではなく、
先に食べるシーンとその時の身体や心の状態を想定し、求められている食品を当てはめ、
求められる食感に改良した
という流れが面白いと感じました。

企画する上で参考になりました。
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

 

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

学会で大きな袋を配ることで得られる3つの効果

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、パシフィコ横浜で開催された第18回褥瘡学会学術集会に行ってきました。
IMG_3488

お客様の展示ブースのお手伝いで行ったので、主に展示ブースを見学しました。

初日の金曜日朝9:00にも関わらず、展示会場は看護師をはじめ、皮膚科医、薬剤師などの
職種の方々で大賑わい!

褥瘡の患部に貼る粘着テープ、褥瘡予防のクリーム、病院や施設にあるベッドや、
アミノ酸入り飲料・ゼリーなどの展示が行われていました。 

ところで、学会に行かれた方はわかると思いますが、企業展示が多い学会で企業ブースを見て回ると、たくさんの資料やサンプルをいただきます。
1つの袋にまとめて入れたい!と思うと、大きな袋を配っている企業があります。
ここから得られる3つの効果を整理します。

1.集客
資料やサンプルが入る大きな袋を配っているブースには立ち寄りやすくなります。

2.お客さんの情報収集
いざブース訪問しますと、

「お名刺と交換になります」
「アンケートにお答えいただいた方に差し上げております」

と言われることがあります。
予算をはたいて制作した大きな袋を、資料を入れてタダでお渡しすることはなく、
これからお客様になるかもしれない見込み客を集客しているのです。
学会後に、新製品のパンフレットが送られてきたこともあります。

3.宣伝効果
3つ目は、袋に企業名を大きくプリントしたり、商品のロゴや、マークを入れることで、
その袋を手にさげて歩いている人が、知らぬ間に宣伝してくれるという効果もあります!
同じ袋を手に提げた人がそのまま電車に乗ったり、街を歩けば、学会に関係のない人への宣伝にもつながります。

これらを考えて袋を制作することも大切ですね。

同様のキャンペーン企画をご検討中の方は、
是非、参考にしていただければと思います!
学会で気づいたことは他にもたくさんあります。次回またご紹介します。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
 

現代人の"噛む"力の低下に対し、異なる方法でアプローチした商品開発秘話

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

少し前の話ですが、商品開発において、同じ背景を持っていても、
ターゲットによって開発アプローチ方法が真逆であった例をご紹介します。

2年ほど前(2014年)に訪れた日本栄養食糧学会で、「ぎゅっと噛みしめる食感が特徴の幼児食」 を
開発したとランチョンセミナーで聴講しました。

背景 :子どもの"噛む"力が低下している。幼児の顎の未発達が目立つ
ターゲット :幼児
目的 :食べることにより、咀嚼機能向上(噛む力を発達させる)

訓練食と言って、食べてぎゅっと噛みしめることにより咀嚼機能を高める訓練ができるそうです。
おやつがわりに食べられて、幼児に必要な栄養素も入っていることをポイントとしていました。


この発表を聞いてふと思い出したことは、その時よりさらに3年前(2011年)の自身の就活時に、
ある食品メーカーの説明会を聞いた時のことでした。

「大ヒット商品開発秘話」を興味深く聞いていますと、

背景 :現代の若者は"噛む"力が低下している。噛むと顎が疲れるため、噛みたくない
ターゲット :10~20代の若者
目的 :できるだけ噛まないやわらかい食感のガムを作る

との内容でした。この商品は若者のニーズにマッチし、大ヒットしました。
今でもコンビニなどに並ぶバリエーション豊富なロングセラー商品です。

当時、商品開発は、ターゲットを設定し、ニーズに合わせて企画され開発されていると認識しました。

このように、背景は同じでも目的が異なれば、それぞれのニーズに合わせて
全く異なる商品が生み出されていました。


ちなみに学会発表では、
「"噛む"ことは、ヒトは縦に噛むことと、横にギリギリする力を持ち合わせているが、
イヌやネコは縦にしか噛むことができない」
と言っていました。

ヒトのための食品と、ペット向けの食品では、それぞれ噛む力に合わせた異なる商品設計をしているのでしょうね。

学会発表で学ぶことは多いです。今後も勉強してまいります!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ


 

 

花火大会の協賛企業が会社や商品PRのためにしている工夫

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、2016神宮外苑花火大会に行ってきました。
2016-08-20-19-58-44
この花火大会は、2つの球場、ラグビー場、体育館の4つの施設が有料席を多数設けており、
スタンド席に座ってゆっくり観覧できるのが魅力です。

今年は初めて有料席を購入して秩父宮ラグビー場から見物しました。

当日は雨が降っていましたが、中止の発表はなく、すんなりラグビー場へ入場。
雨は強くギリギリまでスタンド席に入れず、屋根のあるところで待機していました。

約32万人が訪れる花火大会、経済効果が見込めるイベントを、
簡単に中止にできないのでしょう。

粘った甲斐があり、19:30頃打ち上げ予定の花火に対し、雨は18:45頃に上がりました!

お隣の神宮球場ではアーティストを呼んでイベントをしており、
ラグビー場でもモニターから見ることができました。アーティストが歌い終わり、
皆でカウントダウンをして花火大会は無事始まりました。

花火が上がる際は、「ここからの花火は、○○企業の協賛です。」というアナウンスと、

モニターには協賛企業の広告が映し出されました。

企業ごとに、それぞれ特徴がありましたのでまとめてみます!


●ヤクルト:タフマンのCMをアレンジし、イメージキャラクターの伊東四朗が花火があがるまでのカウントダウンをしていた。あがった花火はタフマンのロゴの形をしていた。

●日清焼きそばU.F.O.:花火があがるたびに、「エクストリーム!」という掛け声が入る。終わりには、「UFO」との声が。今年で40周年を迎える日清焼きそばのキャッチフレーズは「エクストリーム!」とのこと。

●キリンビール:モニターにキリン一番搾りの表示をし、その後で黄色い花火があがった。
色で商品を連想させていた。

●明治記念館、台湾観光局:結婚式場や、旅行を連想させるため、それぞれ見た目が華やかなカラフルな花火が上がっていた。

●フェイスマスク ルルルン:BGMにサイモン&ガーファンクルの『明日に架ける橋』が流れていました。フェイスマスクをするリラックスタイムを、バラード曲で表現していた。


花火は、1個ずつ大きいものがあがるもの、連発して空が明るくなるもの、柳など形が異なるもの、色々な種類があります。各協賛企業が、会社や商品のイメージに合うものを花火で表現しており、面白く感じました。
悪天候のため雲が多く、花火がぼやけてしまっていたのが残念でしたが・・・。

来年は台風と重ならないと良いですね!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ






 

学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード