こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今日は、"バーナム効果"についてお話します。

過去に、血液型の性格分類が流行ったことがありました。

A型の人は几帳面
B型の人は自己中心的
O型の人はおっとりしている
AB型の人は不思議ちゃん

など、ざっくりとした分類がされ(例えばですよ!)、

自分と照らし合わせ、「当たっている!」

と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

実はこれ、誰にでも当てはまるようにできています。

例えば、続きを読むとA型の人は「几帳面だけどたまにおっちょこちょいな一面がある」

などと書かれており、「あ、私かも」と思い込んでしまいます。

いずれも、誰でも当てはまるようにできているんです。

わざとあいまいで、一般的な記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと

誤解し、自分ゴト化してしまう現象、これが"バーナム効果"です。

占い師-photolibrary

血液型に関して言えば、性格分類ができるという、根拠はありません。

世界中で研究され、性格は生まれ育ちの環境などが要因として挙げられますが、

血液型は関係ないというデータがほとんどです。

ただ、「当たってる!」と思うことで、人は簡単に信じてしまうのですね。


実は、高校生の時、塾の科学の先生に「血液型の性格分類は科学的根拠は何もない!」

と言われ、衝撃を受けました。

さらにその先生が、「過去に、心理学についても勉強した」と言っていたことで

「あの時、先生は"バーナム効果"に惑わされず、科学的根拠に基づいて真実を見抜く力を養ってほしいとメッセージを伝えたかったのではないか?」

と思い出したのです。

先生は理系の考え方を持ちながら、心理学についても勉強することで、

心理学によるバイアスを排除して、

思い込みに惑わされない純粋な科学を教えてくれたように思います。

私のような広告会社で働く管理栄養士の仕事では、科学的根拠を用いながら、

心理学を交えて広告を作れば、

説得力のある情報をより共感性のあるものにできるのではないかと思っています。


広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村