ヘルスケア系プロモーション会社MEクレアのブログ

ヘルスケア系プロモーション会社「MEクレア」スタッフのブログです。

キャンペーン

雑誌の付録が水着!?思わず手が伸びる海外の雑誌付録

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

最近仕事で、キャンペーンの景品として、インパクト大で且つ実用性があり、
喜ばれるもの景品を探しています。

そこで改めて、今までもらった景品で嬉しかったもの、印象に残っているものはなんだろうと思い返してみました。

考えていてふと思い出したインパクト大な雑誌の付録、それは"水着"です。

10年くらい前ですが、イギリスに行った際に書店で、
水着が付録となり雑誌の表紙に着せられた雑誌を発見!

その場で水着を使用する機会はありませんでしたが、
当時私は9月に沖縄に行く予定があったので、
その時まさに「欲しいと思ったことを覚えています。

雑誌購入価格で水着がついてくればオトク!と思って思わず購入しました。

サイズフリーと書いてあったのですが、ひも部分で調節ができて、誰が着ても大丈夫なものでした。

その雑誌は女性誌で、販売時期は8月半ばくらいです。購入場所はブライトンで、
海沿いでした。 今考えるとしっかりマーケティングされていたと思います。
日本でも雑誌付録が話題になりましたが、当時私がイギリスを訪れた数年後でした。
海外から雑誌付録ブームが上陸したのですね。

ここで、雑誌付録のマーケティングの背景を整理してみます。

1.ネットが進み雑誌だけでは売れない時代へ
2.雑誌の付録を豪華にした会社が、売り上げ好調!たちまち話題に
3.むしろ付録がメインの、価格帯の高いMOOK本も店頭に並ぶ
4.付録合戦になり、飽きてきた。毎回付録はいらない
5.付録もTPOが必要なステージへ


付録が豪華だとついつい手がのびますが、その雑誌に興味がなかったり、
毎回付録付きだと飽きられる・・・。例えば、ミニバッグはかわいいけれど、あまり使う機会はないです。ですが鏡なら、便利ですし毎日使えます。
付録合戦では、実用的なモノが勝利するでしょう。

喜ばれる景品とは、ターゲットが「今これが欲しい!」と思い、
「"いつか"ではなく"すぐ"使える」モノである必要性を感じました。

同様のキャンペーン企画をご検討中の方は、是非、参考にしていただければと思います!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

 ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
 

皆でお揃いTシャツ着用!?学会会場における服装の広告効果

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

私は学生時代から食品系の学会によく参加しているのですが、ある学会で

食品メーカーで働く友人が出展していて、ばったり再会することがありました。

そのブースの印象がとても強く残っているので、理由を改めて考えてみました。

ブースの作りそのものもしっかり設計されて作られていたのですが、

その企業ブースに立つ皆さんは、皆同じTシャツを着ていたことに気づきました。

これは、「学会だからこそ」効果があると言えます。

実はイベントでは、お揃いのTシャツ、ウインドブレーカー、ベストなどをよく着ています。

学会では、ブース出展者が企業の営業さんとして立っていることが多いので、

「スーツ着用」が圧倒的に多いです。ですから、Tシャツを着ていると目立ちます。

さらに、服装にロゴが入っていれば会場内の動く広告塔としての効果もあります!

ちなみに、学会はネクタイをしめていないと失礼では・・・?と気にされる企業さんは、

Yシャツ+ネクタイ+ウインドブレーカー or ベストだと、

いつでもスーツ姿に戻ることもできます。


また先日、お客様が一般の方向けイベントで展示されたとき、

皆さんで明るい色のおそろいのシャツを着用していて、それは

当日行っていたプレゼントキャンペーンを連想させるものでした。

‟同じ服装を身に着ける”ということは、

多くの企業ブースが出展する中で、たくさんの方に来訪してもらい、

いかに印象付けるかを考える上で、使える手段の一つだと感じました。

同様のキャンペーン企画をご検討中の方は、是非、参考にしていただければと思います!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっと押してください!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

ノベルティグッズを提案する際に押さえておきたいこと5つ

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、プレミアム・インセンティブショーに参加してきました。

日本最大の販促マーケットの国際的な専門見本市です。
 
お客様が行う展示会やキャンペーンに向けて、商材を探しに行きました!
 
皆さんも何かしらのキャンペーンで、ノベルティをもらったことはないですか?

ペットボトルのお茶にキャラクターグッズがついていたり、
ケータイ電話を機種変したら、画面クリーナーがもらえたり、
定番なのはボールペンですよね。‟まるまるかぶしきがいしゃ“と製品名が印字されたペン、

持っている方が多いのではないでしょうか。

そのような販促グッズがずらりと並んでいました。

私が注目したのは、注射器型のボールペン!
 注射器ボールペン
※メーカーさんに許可を得て掲載しています
かわいくないですか?
これを見てふと思い出しました。

以前、医師の友人とフライングタイガーでウインドウショッピングをしていたところ、
このような注射器型マーカーを発見。

「これいいな。これを白衣の胸ポケットに入れていたら、子どもが喜びそう」

研修で小児科を回った際に、遊び心のあるグッズは、
子どもとのコミュニケーションのきっかけになると分かったそうです。

病院にはたくさんの診療科があり、当然ですが、科によって患者さんの層が異なります。
 
ターゲットを見据えた上でノベルティグッズを考えることは大切ですね。

院内でノベルティが使われるとき・・・
 
・When :どんなタイミングで
・Where :どこで
・Who :誰と会話をするのか
・What :どんなシチュエーションでそのグッズを使うのか
・Why :なぜ使うのか

企画側として、これらをふまえて提案しております。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」


ランキングぽちっとお願いします
マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

展示会で凄いキャンペーンをしていた企業がネット上で話題に!

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、東京ビックサイトで行われていた「インターペット2016に参加してきました

外看板

日本最大級のペットイベントです。

ペットとの暮らしを豊かにするライフスタイルに関わる製品などが集結しています。

今回はお客様がブース出展されていたので、見学しに行きました!

お客様のブースは、とあるプレゼントキャンペーンを企画。

内容は誰もがあっと驚くものでした。とにかくインパクトが大きいです。

 

ここで、話題となる企画の要因を整理しました。

 

1.      インパクト大のキャンペーンを考え、規模が大きいイベントで拡散

2.      来場者がその場で応募する

3.      来場者が口コミ(SNSを含む)で拡散

4.      キャンペーンが話題を呼び、ブランドの知名度が上がる

 

キャンペーンを企画したブランドのことを知らなくても、

キャンペーンを先に知ることで後からそのブランドのことを知る。

インパクトのあるCMに出演した人は、

例えその時名前が知られていなくても、

「あのCMの人ね」と話題になることがありますよね。

こんな風に話題を呼ぶことで、製品や企業を多くの人に知ってもらう

チャンスとなるんですね。

 

知名度UP目的のキャンペーン企画をご検討中の方は、

是非、参考にしていただければと思います!

 

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

 

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp

 


ランキングぽちっとお願いします
マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード