ヘルスケア系プロモーション会社MEクレアのブログ

ヘルスケア系プロモーション会社「MEクレア」スタッフのブログです。

アレルギー

アレルギーにならないように食品を控えてもアレルギーは発症してしまう!?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。
10/10は日経ホールで開催された皮膚を健やかに保つための総合講座を拝聴しました。
国立成育医療研究センターの大矢先生のお話で、食物アレルギーを発症する原因について、
最近の研究で驚きの結果が得られたようですので簡単にご紹介します。

アレルギーの原因となる食品を全く食べなくても、アレルギーは発症する!

食物アレルギーの原因とされるピーナツを、生まれてから5歳まで

● 週に3回以上合計6g食べた群
● 全く食べない群

の2つに分けて食物アレルギー発症率を比較したところ、

全く食べない群の方が有意に食物アレルギーを発症したという結果が報告されたそうです。

卵でも同様の結果が得られたそうです。
アレルギー発症を恐れて、全く食べなくても、予防にならないのですね!

家族が食べる習慣があれば、家庭の寝具や子どもの遊具から皮膚に入り、
アレルギー発症につながるようです。 
普段食べているものを家の中から完全に除去することは難しいのですね。
現在は、アレルギー物質を食べないことで予防するのではなく、
「生まれてすぐからスキンケアをして皮膚のバリア機能を高めることで対策になるのではないか」とされています。さらに、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係について以下のことが言われるようになりました。
長年、「食物アレルギーからアトピー性皮膚炎になる」と考えられてきましたが、
「アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの危険因子となる」と、
これまで言われてきたことが覆りつつあります。

※なお、開催された講座についてまとめた記事が本日の日経プラスワンに掲載されております!是非ご覧くださいませ。
技術は進歩する!8年前からこんなに!?おいしくなった介護食!でも書いたように、時代はどんどん変化し、わからないことが解明されつつあります。常に新しい情報を耳に入れることも大切ですね。

勉強になりました!広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ


医療従事者と患者さん、両者に向けた学会で気づいたこと

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、会社の近所で開催されていた日本アレルギー学会学術大会に参加してきました。
image
アレルギーは、花粉症・アトピー・喘息・食物アレルギー・ダニなどたくさんの種類があります。

そのため、ブースを出している企業様も多種多様!

製薬メーカー、食品メーカー、掃除機メーカー、医療機器メーカーなどが、

各アレルギーに対するお薬、アレルギーフリー食品、ダニ退治掃除用品、医療機器などを展示していました。

この学会は、医師や看護師などの医療従事者と患者さん両者向けなので、

ターゲットによって、両者へのコミュニケーションの差別化をしています。

①リーフレットを分ける。
 ・医師が病院で患者さんに配布するリーフレット
 ・患者さんが自身でチェックするリーフレット

②ブースのテイストを親子向けにする。
 ・親子でアレルギー予防などの手段をわかりやすく、ブースで表現

③ノベルティを分ける
 ・医療従事者が病院や診療所で使える便利グッズ
 ・子どもが喜びそうなもの


同様の学会やイベントの企画をご検討中の方は、
是非、参考にしていただければと思います!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード