こんにちは。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノの上司で、広告会社で働く薬剤師のイノウエです。

 

先日、アメリカのペット系2大イベントの1つ、『SUPER ZOO 2016』に行ってまいりましたので、その一部をご紹介したいと思います。

ペットに関するイベントで、アメリカでは最大級。企業展示、グルーミングコンテスト、
カンファレンスなど、3日間にかけて行われます。出展社数はなんと「1000社!」です。

IMG_0282

▲入口の1つです。4つのホールぶち抜きで行われます。
 

IMG_0281

▲出展社MAP。1日では到底回りきれません。
IMG_0162
 ▲グルーミングコンテストに出場するであろうわんちゃんたちです。
アメリカは国土の広さからもわかるように、大型犬の飼育率は日本より格段に高いようです。
ただ、小型犬も日本同様人気です。 

IMG_0237
 ▲グルーミングコンテストの様子です。観客の目の前で競い合います。
  ハサミの技術からカラーリングまで個性が光ります。
IMG_0178
▲会場内。
上部に小間がナンバリングされていて、目当ての企業にはこの数字を頼りに行きます。

※個別の展示はお写真が載せられないので会場内の様子はここまでにします。

 

アメリカのペット業界は日本の10年も20年も先を行っています。

特に犬、猫に関しては、アメリカと日本では位置づけが全く異なります。法的な位置づけも、人間にとっての位置づけも、です。特に犬を飼うときのステップ、飼い主の心構えは大きく差があるようでした。

 

そのため、製品開発の方向性も異なります。日本ではあまり注目されないような点、せいぜい付加価値程度のことがアメリカでは必須要件になっていたりします。こういう点は今後日本のペット関係の製品開発に大きなトレンドとしてやってくると思います。

 

日本の展示会規模としては、大規模な獣医系学会で100社程度、一般向けでも300社程度です。しかし、アメリカでは、一般向けではなく、ビジネス向けの展示会で、1000社クラスの企業が集まる業界であるということなのですね。

 

ご参考になった点はございましたでしょうか?

 

弊社では犬猫をはじめとしたペット用医薬品などの製品販促、プロモーション、企業展示ブースの企画・運営をお手伝いいたしております。

 

日本のメーカー様で、アメリカの展示会出展をご検討の企業様や、国内外、また当SUPER ZOOに限らず、出展・プロモーションにご興味ございます企業様はお気軽にご連絡ください

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

広告会社で働く薬剤師、イノウエでした!
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ