こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、肩こりがひどく、整形外科に行って来ました。

その整形外科は、元々ケーキ屋で、その後、ペットショップになり、約5年ほど前から整形外科になった場所でした。

入ってビックリ!
想像していた整形外科とは全然違った空間でした。

半地下のため階段を下って入り口に入ると、まずは受付が見えます。
受付の前には待合スペースがあります。
イスに座って待っていると、受付の右横に通路があり、奥にはマッサージ店にあるようなベッドがずらりと並んでいます。 

そこにはたくさんのスタッフがいて、予約されてきた患者さんの名前を次々に呼んでいき、
1人1台のベッドで、1:1でリハビリをしていました。
 
この整形外科では、医師をはじめとして、理学療法士、美容専門ナース、トレーナー、鍼灸マッサージ師、セラピストなどの各分野の専門家の方がカラダの健康をサポートしているそうです。

通っている方の年齢層が若めで、女性や子どもが多いのも特徴だと感じました。

私が想像する整形外科は、赤外線照射器や、首をひっぱる牽引器などがたくさん並べられ、空いている機械で患者さんが治療をするというイメージでした。

そんなイメージを覆す、1人ひとりの患者さんにトレーナーがつくリハビリ施設のように感じました。

病院や診療所にも様々なスタイルがあるのですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ