こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、ペット栄養管理士の講習会に行ってきました。
2回目の講習で、ペットフードに関わる諸法令とペットフードの表示 を書きましたが、

今回はペットの歯科疾患はなぜ起こるのか?について書きます。


イヌやネコは本来、野生動物です。
暮らしの中で日々、自ら狩猟採集し、食べます。

毛や皮のあるネズミなどを捕らえて食べ、
口の中で毛や皮を引きはがすことで歯が洗浄されるため、本来デンタルケアは必要ありません。


ヒトに飼われ始め、ヒトが与えた食べ物の形状やかたさによって
「歯科疾患」を引き起こしたのです


ヒトがペットのために開発したものは、栄養バランスはもちろんのこと、


 ・与えやすさ(大きさ、形、ベトベトしないなど)
 ・おいしそうな見た目(着色など)

と、ヒトのために考慮されていますが、イヌやネコにとっては必要ありません。

「歯科疾患」について講義してくださった獣医師の先生が、
毛や皮がついたペットフードを開発してくれれば、デンタルケアをしなくて済む

とおっしゃっていました。それを食べ、口の中で毛や皮をひきはがせば、洗浄ができてデンタルケアの必要がなくなります。ただ、毛や皮がついたフードも難しいでしょうから、毛足の長いぬいぐるみの
おもちゃなどでデンタルケアをするのですね。
この先、イヌやネコの歯の健康のために考慮されたペットフードが開発されるといいですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ