こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、とある印刷会社さんに

「うちでつくっている"どらいなっとう"、よかったら食べて下さい。」

と言われ、いただきました。印刷会社さんが食品を製造しているのですね!
2017-06-15-10-43-49

初めて見ました!特殊な技術で乾燥しているため、納豆菌は死滅せずに残っているそうです。

また、「管理栄養士としての率直な意見を下さい」とのことで、試食してみました。
私だけではなく、会社の中で何人かで食べてみて、意見を出し合いました。

まず、箱を開けてビックリ!「梅」「いりこ」など、6種類も入っていました。
缶詰に入っており、食べ比べをしました。

image

<社員の感想>
全種類共通して、ネバネバしないので食べやすく、かつ納豆感もあり、
納豆の良さが失われずに食べられます。
  • うすじお:納豆の味がしっかりする。
  • 一味:一味感比較的マイルド。
  • 梅:梅とマッチしていておいしい。
  • しいたけ:塩味とうま味がおいしい。
  • わかめ:わかめ感が強くないが、乾燥したわかめが入っているので、ごはんに合いそう。
  • いりこ:いりこの味がする。いりこが強めなので言われなければ納豆と気付かず、納豆が嫌いな人でも食べられる。

   ※あくまで、個人の感想です。

 

私としては、コンセプト(ターゲット、食べるシーン、食べ方等)が知りたいなと思いながら興味深くいただきました。健康食品にするか、おつまみにするかでも食べるターゲットが変わってきますよね。

ところで、試食した一部の社員が、「一味、もっと強くしたらおいしいと思う」と言って
持参していたマイ一味をかけて食べていました。
食べた感想は、「一味感がアップしておいしくなった」とのこと。

これを見ていた私は、思いつきました。

「うすじお味」をベースに、様々な味のパウダーをつくっておき、
お好みで好きなパウダーを混ぜてはどうか?

「どの味にしようかな?」と考えながらパウダーを選んでかけると、その場で簡単に調理することの面白さがあったり、毎回違う味にできるので飽きにくいなど、「ただ買って既存のものを食べるだけ」よりは、楽しみができると思います。

また、「ご飯+納豆」は鉄板な組み合わせであることや、小さい頃に"納豆ふりかけ"が好きだったことを思い出し、「どらいなっとう」をもう少し細かく砕いてご飯と混ぜて食べるのもありかなと感じました。
以前、実際に、抗加齢医学会総会で、元ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんが、「アーモンドを細かく砕いてご飯に混ぜて効率的にビタミンEを摂取できます!」とアーモンドを使ったレシピを紹介されていました。


印刷会社がつくった"どらいなっとう"、皆さんもぜひ試してみてはいかがですか?^^


広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村