広告会社で働く管理栄養士のブログ

医療系広告会社「MEクレア」で働く管理栄養士が発信するブログです。                          日常生活から仕事に結びつくヒントを日々、探しています。 気が付いたことを発信していきます。

医療系

『ブラックペアン』を見て思い出した論文の大切さ

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、ドラマ『ブラックペアン』を見ていたところ、

ぐっとくるセリフがありました。

医療ジャーナル誌「日本外科ジャーナル」の編集長・池永英人を演じる加藤浩司さんが、

「患者さんの命を救うために論文があるんです」

というようなセリフを言って、教授の心臓手術の方法を見つけ出すきっかけになりました。

このセリフを聞いて昔観た映画を思い出しました。

『ロレンツォのオイル』という映画です。

映画の内容は詳しくはこちらを参考にしてください
映画化した感動の実話「ロレンツォのオイル」の知られざるその後

難病にかかった息子を助けるため、両親が国立衛生研究所の図書館に通い詰めて

論文を読み漁り、難病を治す可能性のあるオイルにたどりつきます。

実は、この話は実話なんです。疫学に全く縁のなかった夫婦が、息子を救うために

調査をしていき、新たな仮説にたどり着き、

5歳の時にあと2年しか生きられないと言われた息子が、

30歳まで生き延びた感動の実話です。

学生時代に栄養疫学を学んだ時にこの映画を観せてもらい、教授に、

「今はインターネットで簡単に論文検索ができるようになったけど、

昔は手で文献を調べていた。この夫婦は疫学という学問のお手本になる。

君たちも研究はこういうことだって知っておいて」

と言われました。

1つの論文には様々な参考文献が載っています。

多くの論文に引用されるほど、その論文の価値が上がっていきます。

ドラマでも教授選で勝つためにインパクトファクターを競っている場面が描かれてきましたが、

冒頭で書いた加藤さんのセリフが、医療の本来の目的を思い出させてくれるように思えました。



現在仕事で、参考文献として書かれた論文のタイトルや

ジャーナルをチェックすることがあるのですが、普段から、漏れがないか気を付けています。

論文を探す人が必要とする情報は、

「著者名、論文タイトル、ジャーナル名、ジャーナルが発行された年、号数、ページ数」です。

実際に図書館などで探すとわかりますが、1年にジャーナルが何回も発行される場合、

号数も重要です。月に1回発行されるジャーナルなら、12冊の中から探さなくてはなりません・・・

これは結構な手間なのです。


これからも、論文を必要としている方のことを思い浮かべ、

その制作物を見る人が参考文献となった論文を確かめたいときに、必要な情報を載せ、

いつでも論文に辿り着けるようにお手伝いできればと思います!



広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

歯に貼り付けて食べたものを感知する超極小センサーが開発された!?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今日は、画期的な研究をご紹介します!

2018年3月、アメリカのタフツ大学工学部の研究者が、

歯に装着できる小型のセンサー
ウェアラブルデバイス)を開発したと発表しました。

※ウェアラブルデバイスとは、腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末デバイス)の総称です。

歯につけるだけで、食事した時の糖分、塩分、アルコール摂取に関する情報を

スマホなどに無線で伝えることが
できるそうです。
00_m

従来の栄養指導は、食べた食事を記録することから指導していました。

患者さんの主観情報です。

しかし、正確なグラム数などを測定することは難しいです。

自分が食べた食事を写真に撮って記録しても、塩分が何gかまではわかりませんでした。

センサーにより、食べた時にすぐ情報が栄養指導者の元に届けば、間食など、

記録し忘れたり、隠れてお菓子を食べていたことなどもすべて記録できますよね。

センサーを使えば、「今日は糖分をとりすぎだから控えて」などの指導が的確にできるというのです。

客観的情報ですよね。

画期的ですね・・・!まだ日本では使えないですが、早く使える日が来ると良いですね。

これが使えるようになるまでは、患者さん情報が一番信頼ができますから、

地道な栄養指導やツールが必要ですね。

塩、糖、アルコールがわかるとのことですが、

脂質、タンパク質、ビタミンやミネラル、などの5大栄養素までわかると

足りない栄養素を補ったり、過剰な栄養素を防ぐことができますね。


これを歯科医院が導入して、管理栄養士を雇っておけば、的確なアドバイスができそうです。

歯医者で働く管理栄養士はまだ少ないですが、活躍の場が広がるかもしれないですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

石鹸で手を洗うだけで子どもの感染症が70%も減る!?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今日は、世界保健機関・WHOが南アフリカで手掛けた啓発プロモーションをご紹介します。

「石鹸で手を洗うだけで、子どもの感染症が70%減少した」という事例が、アフリカで過去にあるそうです。
その名も、”HOPE SOAP”プロジェクトです。


南アフリカのケープタウンでは、衛生環境が整っておらず、

毎年多くの子どもが感染症で亡くなっていました。

ある研究で、「石鹸で手を洗う」と感染症予防になることがわかりました。

そこで、子どもたちに手を洗ってもらうプロジェクトが考えられました。

しかし、「石鹸で手を洗う」習慣がない子どもたちに、

手を洗ってもらうにはどうすればよいでしょうか?

その問いに対するプロポジション(提案)は、"透明な石鹸の中におもちゃを入れる"ことでした。

子どもたちは、中に埋め込まれたおもちゃが欲しくて、一生懸命手を洗いました。

結果として、70%も感染症が減ったというから、驚くべき成功例ですよね。

ただ石鹸を配るだけは、この事例はここまで成功しなかったでしょう。

石鹸で手を洗う習慣がない人に、それを押し付けても中々習慣づけられません。

中におもちゃを入れることで、"おもちゃを取り出したい!"という欲求が、

見事に石鹸を使う習慣に結びつきました。見えない欲求を探り、

"人を動かす動機"つまりインサイトを良くとらえ、

子どもたちが必死で石鹸で手を洗うという行動を起こさせ、結果に結びつきました。


このように、人は何かきっかけがないと、中々思い通りに動かすことはできません。

「何かしてほしいときに、どうすればその行動に出るか?」を探すことは、

プロモーションをする上で考える重要なポイントになりますね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

まるでカフェ!?のような整形外科

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、肩こりがひどく、整形外科に行って来ました。

その整形外科は、元々ケーキ屋で、その後、ペットショップになり、約5年ほど前から整形外科になった場所でした。

入ってビックリ!
想像していた整形外科とは全然違った空間でした。

半地下のため階段を下って入り口に入ると、まずは受付が見えます。
受付の前には待合スペースがあります。
イスに座って待っていると、受付の右横に通路があり、奥にはマッサージ店にあるようなベッドがずらりと並んでいます。 

そこにはたくさんのスタッフがいて、予約されてきた患者さんの名前を次々に呼んでいき、
1人1台のベッドで、1:1でリハビリをしていました。
 
この整形外科では、医師をはじめとして、理学療法士、美容専門ナース、トレーナー、鍼灸マッサージ師、セラピストなどの各分野の専門家の方がカラダの健康をサポートしているそうです。

通っている方の年齢層が若めで、女性や子どもが多いのも特徴だと感じました。

私が想像する整形外科は、赤外線照射器や、首をひっぱる牽引器などがたくさん並べられ、空いている機械で患者さんが治療をするというイメージでした。

そんなイメージを覆す、1人ひとりの患者さんにトレーナーがつくリハビリ施設のように感じました。

病院や診療所にも様々なスタイルがあるのですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
 

アレルギーにならないように食品を控えてもアレルギーは発症してしまう!?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。
10/10は日経ホールで開催された皮膚を健やかに保つための総合講座を拝聴しました。
国立成育医療研究センターの大矢先生のお話で、食物アレルギーを発症する原因について、
最近の研究で驚きの結果が得られたようですので簡単にご紹介します。

アレルギーの原因となる食品を全く食べなくても、アレルギーは発症する!

食物アレルギーの原因とされるピーナツを、生まれてから5歳まで

● 週に3回以上合計6g食べた群
● 全く食べない群

の2つに分けて食物アレルギー発症率を比較したところ、

全く食べない群の方が有意に食物アレルギーを発症したという結果が報告されたそうです。

卵でも同様の結果が得られたそうです。
アレルギー発症を恐れて、全く食べなくても、予防にならないのですね!

家族が食べる習慣があれば、家庭の寝具や子どもの遊具から皮膚に入り、
アレルギー発症につながるようです。 
普段食べているものを家の中から完全に除去することは難しいのですね。
現在は、アレルギー物質を食べないことで予防するのではなく、
「生まれてすぐからスキンケアをして皮膚のバリア機能を高めることで対策になるのではないか」とされています。さらに、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係について以下のことが言われるようになりました。
長年、「食物アレルギーからアトピー性皮膚炎になる」と考えられてきましたが、
「アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの危険因子となる」と、
これまで言われてきたことが覆りつつあります。

※なお、開催された講座についてまとめた記事が本日の日経プラスワンに掲載されております!是非ご覧くださいませ。
技術は進歩する!8年前からこんなに!?おいしくなった介護食!でも書いたように、時代はどんどん変化し、わからないことが解明されつつあります。常に新しい情報を耳に入れることも大切ですね。

勉強になりました!広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ


学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード