広告会社で働く管理栄養士のブログ

医療系広告会社「MEクレア」で働く管理栄養士が発信するブログです。                          日常生活から仕事に結びつくヒントを日々、探しています。 気が付いたことを発信していきます。

PR方法

学会で大きな袋を配ることで得られる3つの効果

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、パシフィコ横浜で開催された第18回褥瘡学会学術集会に行ってきました。
IMG_3488

お客様の展示ブースのお手伝いで行ったので、主に展示ブースを見学しました。

初日の金曜日朝9:00にも関わらず、展示会場は看護師をはじめ、皮膚科医、薬剤師などの
職種の方々で大賑わい!

褥瘡の患部に貼る粘着テープ、褥瘡予防のクリーム、病院や施設にあるベッドや、
アミノ酸入り飲料・ゼリーなどの展示が行われていました。 

ところで、学会に行かれた方はわかると思いますが、企業展示が多い学会で企業ブースを見て回ると、たくさんの資料やサンプルをいただきます。
1つの袋にまとめて入れたい!と思うと、大きな袋を配っている企業があります。
ここから得られる3つの効果を整理します。

1.集客
資料やサンプルが入る大きな袋を配っているブースには立ち寄りやすくなります。

2.お客さんの情報収集
いざブース訪問しますと、

「お名刺と交換になります」
「アンケートにお答えいただいた方に差し上げております」

と言われることがあります。
予算をはたいて制作した大きな袋を、資料を入れてタダでお渡しすることはなく、
これからお客様になるかもしれない見込み客を集客しているのです。
学会後に、新製品のパンフレットが送られてきたこともあります。

3.宣伝効果
3つ目は、袋に企業名を大きくプリントしたり、商品のロゴや、マークを入れることで、
その袋を手にさげて歩いている人が、知らぬ間に宣伝してくれるという効果もあります!
同じ袋を手に提げた人がそのまま電車に乗ったり、街を歩けば、学会に関係のない人への宣伝にもつながります。

これらを考えて袋を制作することも大切ですね。

同様のキャンペーン企画をご検討中の方は、
是非、参考にしていただければと思います!
学会で気づいたことは他にもたくさんあります。次回またご紹介します。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
 

カフェで高級外車無料クルーズ!?

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

私は、メルセデスベンツコネクションが好きでたまに行きます。(外車ネタが続きますが…)

実はここ、レストラン・カフェ×車がコラボしている場所なんです。
メルセデスベンツ

入り口には車が展示してあり、1階がカフェ、2階がレストランになっています。

中では飲食はもちろん、メルセデスベンツのグッズ販売、メルセデスベンツの試乗もできます。

"メルセデスベンツ"というと高級車のイメージがあり、ちょっと近寄りがたいですが、

"カフェ"というと、誰でも気軽に入れると思いませんか?
コーヒーはスターバックスより低価格です。

実は、「トランジット」という会社が手がけています。
パンケーキで有名な行列"bills"や、話題のバー"北青山サロン"、GUCCI CAFEや、レクサスカフェなど高級ブランドとコラボしたカフェをはじめ、ファッションやデザインの空間をプロデュースしているそうです。

ちなみに弊社取引先が運営している「MARKET Terrace」も、トランジットプロデュースです。


メルセデスベンツコネクションは、
多くのお客さんを以下のような気持ちにさせるのではないでしょうか。

ベンツが好き、ベンツが欲しい、ベンツに興味のあるすべての人が


"気軽に"入る ▶ 実車を見て間近で見て乗りたくなる

▶ "気軽に"トライアルクルーズ ▶ 性能の良さに気づく、さらに憧れる

▶ 購入の動機へ



カフェという気軽なきっかけで、高級外車ブランドを身近に感じ

多くの人に知ってもらうことができる

高級外車ブランドならではの戦略に思えました。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

『もののけ姫』はこうして生まれた!宣伝戦略のヒミツ

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、「ジブリの大博覧会」に行ってきました。

ジブリファンにはたまらない未公開展示や、ネコバス乗車体験もでき、
かなりの人で賑わっていました。
2016-08-07-18-56-25
その中で私が一番気になったことは、「ジブリのキャッチコピーが生まれるまで」です。

キャッチコピーの案や、それに対して"もっとインパクトが欲しいなど、コピーライターの
糸井重里さんとのやりとりまで展示されていて、とても興味深いものでした。

特に、『もののけ姫』 の企画書は、かなり戦略が練られていました。

【背景・目的】
● 『もののけ姫』の前作、『耳をすませば』は、宣伝の露出がとても 少なかった
● 次作は今までにないほどの宣伝をして、誰も見たことのない作品を作る
【戦略】
● あえて、次作との間を2年あけ、"待望のジブリ作品"感を出す。
● "宮崎駿監督最後の作品"とうたい、レア感を強調する。
● インパクト大なキャッチコピーと共に、前作と比べ物にならないほどの宣伝をする

キャッチコピー「生きろ。」の誕生までに、
「ひたむきとけなげのスペクタル」や「お前にはオレがいる。」など様々なボツ作があり、
何度も考えた結果、「生きろ。」になったそうです。
「生きろ。」はたった三文字なのに、強烈なインパクトです。

宣伝に関しては、メディア露出はもちろん、タカシマヤなどのデパートやディズニーとのコラボ宣伝など、どこでも『もののけ姫』情報が入手できるよう、力を入れていました。

また、上映当時、私は小学生で中学受験を控えていました。
「受験の時事問題で出題されるかもしれないから、映画を見に行こう」
と家族で見に行ったことを覚えています。

それほどの話題を呼んだ作品の企画書は、2枚の原稿用紙に手書きで書かれていました。

たった2枚の紙から、あれだけのブームを巻き起こす作品が生まれたことを知り、

改めて広告の重大さを認識しました。ジブリの大博覧会では、

「映画は作品が良いだけではダメ。宣伝も大切な仕事の一つ」と展示されていましたが、

本当にその通りですね。大ヒット作を生み出した宣伝戦略は、六本木ヒルズ展望台で見学できます!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
 

資生堂のブランディング改革のヒミツ

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、東京ビッグサイトで開催された「販促EXPO」に参加してきました。
image
6大マーケティングセミナーの1つ、「資生堂のブランディング改革」を聴講しました。
資生堂ジャパンの取締役執行役員常務の方のお話で、どんな戦略か楽しみにしていたところ、

意外にもその戦略は、"地味なマーケティングを地道に"とのことでした。

資生堂の代表的なUVカットブランド、「アネッサ」のブランディングについてお話しされていました。

今までの「アネッサ」は、女性をターゲットに化粧品メーカーならではの"美容液成分付与"で
日々の紫外線対策を目指していましたが、日常使いでは価格が高いため、
低価格の日焼け止めにシェアを取られたそうです。

そこで、ターゲットと使用目的を絞ることに。

20代半ば頃から女性は、レジャーやスポーツを、
日焼けすることを懸念に思い切り楽しめなくなります。

カンカン照りの中、思い切り海やプールではしゃいだり、ビール片手にBBQなんて、
夏ならではで最高なはずなのに・・・

日焼けして会社に行ったら、周りの人に冷やかされたり、後日シミができたり…。

無邪気に遊ぶことが少なくなってしまいます。

そんな女性が、日焼けを気にせず思い切り楽しめるように
「アネッサ」はリニューアルされました。

「アネッサ」は元々、"紫外線防止効果が高い"ことがブランドの強み。
さらに、汗や水に触れると、紫外線をブロックする膜が強くなるという付加価値をつけ、
レジャー、スポーツにフォーカスすることで、今までと違う進化をしたことを感じさせます。

現在放映中のCMは、陸上経験のある真木よう子さんが汗だくで走っていたり、BBQをして楽しんでいます。
「汗は、女の武器になる。」というキャッチコピーは、自由を愛する、自信にあふれる女性を応援しているそうです。

さらに、東京マラソンや日本女子プロゴルフ協会、上田桃子プロスポンサードなどに協賛し、
まさにスポーツ×女性×日焼け止めのイメージを植え付けています。

また、本来の強みである"紫外線に強い"に加え、"汗や水に強い"という付加価値のおかげで、
UVカット剤の中でも、低価格ではなく、品質で勝負できます。

「アネッサ」の場合ですと、
対象者をしぼり、    =レジャーやスポーツを楽しむ20~30代女性
目的に合う商品を開発し、    =海や屋外スポーツ時に、絶対焼かずに思い切り楽しむ
魅力的なキャッチコピーで売り出す。  =「汗は、女の武器になる。」
  「楽しむひとは、まぶしい」


ブランディングは、"シンプルなことを確実に"が一番の近道なのですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ




医療系学会で展示する企業の目的の違い

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、お客様が出展された日本睡眠学会に行ってきました。
jssr_bnr

不眠症へのアプローチが多く発表されていました。

企業展示を見ていると、睡眠時無呼吸を防ぐ装置や、リラックスアイテム、食品、サプリメントなどが数多く展示されていました。 

各企業さん、自社の製品を展示していましたが、

企業によって展示の目的が違い、そのためにしているアプローチも様々でしたので、
日本睡眠学会を例にして展示の目的と施策内容を整理すると、大きく分けて2つあります。

目的1.医師から、自身の病院やクリニックで患者さんに勧めてもらいたい
カフェインゼロの飲料や、アイマスクなど、サンプリングをしていました。
先生に体感してもらい、さらにクリニックでのサンプル資材の提供も行っていました。
先生だけでなく、患者さんにも実際に体感してもらうことで、勧めてもらいやすくなりますね。

目的2.医師に、自身の病院やクリニックに機械を導入してほしい
    医師から、自身の病院やクリニックで治療具を勧めてもらいたい

アンケートに答えた方に、やや高級感のあるノベルティをプレゼント
患者さんがご自宅で使う治療具を勧めるのも医師の役目。
医師の方が紹介しやすいように、アンケートに応えれば治療具の模型が入ったマウスをプレゼントしている企業さんもありました。これならデスクで毎日使うものですし、いつも手の下で模型を見たら、忘れないですね!名入れボールペンもやはり多くありました。
アンケートに答えるだけでちょっと嬉しいグッズがもらえて、企業は見込み客の大事なお名刺をゲットできます。

いずれにせよ、製品を覚えてもらう、試してもらう、勧めてもらうために、各企業さん知恵を絞っておられました。
今は、ただ製品を説明するだけではタッチポイントが作りづらいのだと思います。

同様の学会企画をご検討中の方は、是非、弊社にお任せください!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ





学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード