ヘルスケア系プロモーション会社MEクレアのブログ

ヘルスケア系プロモーション会社「MEクレア」スタッフのブログです。

イベント

学会と同時開催で、一般の方向けイベントを行う企業

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、京王プラザホテルで開催された「第48回日本動脈硬化学会」に参加してきました。
image

以前参加したアレルギー学会や睡眠学会と比べると、展示より、

企業協賛セミナーに力を入れている感じがしました。

ある製薬会社は、学会ブースと同時進行で、学会会場から近い場所で別のイベントを
日本動脈硬化学会と開催し、イベント告知チラシを学会ブースでも宣伝していました。

そのイベントは告知チラシによると、
「STOP突然死!下げよう、悪玉コレステロール!」と題し、
専門医が語るトークセッションやミニレクチャー、悪玉コレステロール測定と体験コーナー
など、アナウンサーも出演する一般の方向けのイベントでした。

全て無料・申込不要と書かれており、多くの人で賑わう
新宿高島屋1階JR口特設会場での開催でした。

平日の昼間にデパートに買い物に来るお客さん、おそらく主に主婦の方をターゲットに、
悪玉コレステロールについて、専門家からわかりやすく説明をする。
(残念ながら時間の都合で参加できませんでしたが…)

その方たちが少しでも悪玉コレステロールに関心を持ち、食生活を見直そうと思えば、
とても有意義なイベントで、企業の思いが伝わってきて、企業イメージもUPですね。

ただ、学会で医師向けに新薬のPRをするだけではなく、
一般の方向けに病気を防ぐアドバイスを行うイベントを開催する。
学会ブースやセミナーだけではなく、
他の広がりも検討できると効果の高いPR活動になりますね。

同様のキャンペーン企画をご検討中の方は、是非、参考にしていただければと思います!
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

資生堂のブランディング改革のヒミツ

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、東京ビッグサイトで開催された「販促EXPO」に参加してきました。
image
6大マーケティングセミナーの1つ、「資生堂のブランディング改革」を聴講しました。
資生堂ジャパンの取締役執行役員常務の方のお話で、どんな戦略か楽しみにしていたところ、

意外にもその戦略は、"地味なマーケティングを地道に"とのことでした。

資生堂の代表的なUVカットブランド、「アネッサ」のブランディングについてお話しされていました。

今までの「アネッサ」は、女性をターゲットに化粧品メーカーならではの"美容液成分付与"で
日々の紫外線対策を目指していましたが、日常使いでは価格が高いため、
低価格の日焼け止めにシェアを取られたそうです。

そこで、ターゲットと使用目的を絞ることに。

20代半ば頃から女性は、レジャーやスポーツを、
日焼けすることを懸念に思い切り楽しめなくなります。

カンカン照りの中、思い切り海やプールではしゃいだり、ビール片手にBBQなんて、
夏ならではで最高なはずなのに・・・

日焼けして会社に行ったら、周りの人に冷やかされたり、後日シミができたり…。

無邪気に遊ぶことが少なくなってしまいます。

そんな女性が、日焼けを気にせず思い切り楽しめるように
「アネッサ」はリニューアルされました。

「アネッサ」は元々、"紫外線防止効果が高い"ことがブランドの強み。
さらに、汗や水に触れると、紫外線をブロックする膜が強くなるという付加価値をつけ、
レジャー、スポーツにフォーカスすることで、今までと違う進化をしたことを感じさせます。

現在放映中のCMは、陸上経験のある真木よう子さんが汗だくで走っていたり、BBQをして楽しんでいます。
「汗は、女の武器になる。」というキャッチコピーは、自由を愛する、自信にあふれる女性を応援しているそうです。

さらに、東京マラソンや日本女子プロゴルフ協会、上田桃子プロスポンサードなどに協賛し、
まさにスポーツ×女性×日焼け止めのイメージを植え付けています。

また、本来の強みである"紫外線に強い"に加え、"汗や水に強い"という付加価値のおかげで、
UVカット剤の中でも、低価格ではなく、品質で勝負できます。

「アネッサ」の場合ですと、
対象者をしぼり、    =レジャーやスポーツを楽しむ20~30代女性
目的に合う商品を開発し、    =海や屋外スポーツ時に、絶対焼かずに思い切り楽しむ
魅力的なキャッチコピーで売り出す。  =「汗は、女の武器になる。」
  「楽しむひとは、まぶしい」


ブランディングは、"シンプルなことを確実に"が一番の近道なのですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ




皆でお揃いTシャツ着用!?学会会場における服装の広告効果

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

私は学生時代から食品系の学会によく参加しているのですが、ある学会で

食品メーカーで働く友人が出展していて、ばったり再会することがありました。

そのブースの印象がとても強く残っているので、理由を改めて考えてみました。

ブースの作りそのものもしっかり設計されて作られていたのですが、

その企業ブースに立つ皆さんは、皆同じTシャツを着ていたことに気づきました。

これは、「学会だからこそ」効果があると言えます。

実はイベントでは、お揃いのTシャツ、ウインドブレーカー、ベストなどをよく着ています。

学会では、ブース出展者が企業の営業さんとして立っていることが多いので、

「スーツ着用」が圧倒的に多いです。ですから、Tシャツを着ていると目立ちます。

さらに、服装にロゴが入っていれば会場内の動く広告塔としての効果もあります!

ちなみに、学会はネクタイをしめていないと失礼では・・・?と気にされる企業さんは、

Yシャツ+ネクタイ+ウインドブレーカー or ベストだと、

いつでもスーツ姿に戻ることもできます。


また先日、お客様が一般の方向けイベントで展示されたとき、

皆さんで明るい色のおそろいのシャツを着用していて、それは

当日行っていたプレゼントキャンペーンを連想させるものでした。

‟同じ服装を身に着ける”ということは、

多くの企業ブースが出展する中で、たくさんの方に来訪してもらい、

いかに印象付けるかを考える上で、使える手段の一つだと感じました。

同様のキャンペーン企画をご検討中の方は、是非、参考にしていただければと思います!

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっと押してください!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

展示会で凄いキャンペーンをしていた企業がネット上で話題に!

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、東京ビックサイトで行われていた「インターペット2016に参加してきました

外看板

日本最大級のペットイベントです。

ペットとの暮らしを豊かにするライフスタイルに関わる製品などが集結しています。

今回はお客様がブース出展されていたので、見学しに行きました!

お客様のブースは、とあるプレゼントキャンペーンを企画。

内容は誰もがあっと驚くものでした。とにかくインパクトが大きいです。

 

ここで、話題となる企画の要因を整理しました。

 

1.      インパクト大のキャンペーンを考え、規模が大きいイベントで拡散

2.      来場者がその場で応募する

3.      来場者が口コミ(SNSを含む)で拡散

4.      キャンペーンが話題を呼び、ブランドの知名度が上がる

 

キャンペーンを企画したブランドのことを知らなくても、

キャンペーンを先に知ることで後からそのブランドのことを知る。

インパクトのあるCMに出演した人は、

例えその時名前が知られていなくても、

「あのCMの人ね」と話題になることがありますよね。

こんな風に話題を呼ぶことで、製品や企業を多くの人に知ってもらう

チャンスとなるんですね。

 

知名度UP目的のキャンペーン企画をご検討中の方は、

是非、参考にしていただければと思います!

 

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

 

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp

 


ランキングぽちっとお願いします
マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

宣伝なしで出席率が高いイベントを開催できる理由

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、お客様のご厚意でとある非営利団体が主催する、ママ向けイベントを見学させていただきました。

実はこのイベント、積極的な集客を行っていないにも関わらず、
イベント告知と申込み開始後すぐに満席になるほどの人気イベント。
しかも、当日の欠席率も少ないそうです。

そこで、本日のブログタイトルでもある、出席率が高い要因を整理しました。

 

ダイジェスト版は、下記の5点です。

 

1.満員御礼になるであろう集客目標を無理なく設定

2.満員になったところで、即日満員御礼情報をホームページにUP

3.満員御礼感を強調することで希少性を訴求し、結果的に当日の欠席率を下げる

4.当日の賑わい感を撮影し、SNSで実施報告を再度拡散

5.次回イベント時に、過去の実施報告記事にリンクを張り、「早期申込みの必要性」を訴求

 

尚、これらは「サイクル」ですので、1~5を回し続けることが、

6つ目のコツと言えます。

同様のイベント開催をご検討中の方は、

是非、参考にしていただければと思います!

 

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

 

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp
 


ランキングぽちっとお願いします
マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード