こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

以前、「高い」ってどれくらい?カメラに学ぶ人によって違う”ものさし”

写真を撮ることにハマっているとお伝えしましたが、

どうしてもとろけるボケ感を撮りたくて、去年カメラを新調しました。

しかし、イルミネーションの季節に、丸ボケを撮ろうと思ってもやり方がわかりませんでした。

そこで弊社グループ会社、株式会社メッセのデザイナー兼カメラマンに、

撮り方を教わりました!

私が学んだことを少しずつ記録に残したいと思います。

イルミネーションの丸ボケ感を撮るために、私にあった知識は以下の通り。
  • F値が低いこと
  • 光をボカすので、それ以外にピントを合わせること

ただ、その知識だけではどうやって撮るのかわからず、

イルミネーションが飾られた木を被写体に、試しに撮ってみた写真がこちら。

なんだかよくわからないピンボケ写真になりました。

こういう写真が撮りたいのではなかったのです。

「ピントを後ろの建物に合わせて、手前のイルミネーションをボカす」

という原理は間違っていないのですが、、、

これはイメージしていた丸ボケではありません。

カメラの性能がよく、勝手にピントが合ってしまうという事態に。

そこで、わざと別のところでピントを合わせて、

フォーカスを合わせたままぼかしたい写真にピントが合わないよう持っていくと・・

▼こんな写真が撮れました!

そうです、こういった丸ボケ写真が撮りたかったのです!

先輩に教えてもらって初めて撮れた時は本当にうれしかったです!

素材としては、冬をイメージする背景写真に使えそうですね。

もっと上達したい!と思い、メッセカメラ部を立ち上げました。

マンツーマン指導で、現在私の写真の腕がメキメキ向上しております!

今後少しずつ、メッセカメラ部の活動を記録していきます!

よろしければお付き合いくださいませ^^

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村