こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

今や口コミサイトを見ない日はないのではないのかと思うほど、

盛況ですよね。私がよく見るのは『@cosme』です。有名ブランドから新コスメが出て欲しい時、

「値段が高いけど効果はどうなのか?」と調べることがあります。

このように、運営サイトや販売者からの情報より、

商品販売に直接関わりのない第三者からの情報の方が、心理上の信ぴょう性が増すことを、

"ウインザー効果"と呼びます。

口コミを表すアブストラクト3DCGイラスト-photolibrary


例えば、仕事を紹介してもらう時も同じ効果が使えます。

職場でいきなり飛び込み営業されたり、知らない番号から電話がかかってきて突然、

「わが社はこういう仕事をしており、こんなことができます!ぜひ仕事を頼んでください」

と言われて、ぜひ仕事を頼みたいと思うでしょうか?

よっぽど興味がない限り、「間に合っているので」などと言ってお断りしますよね。

ところが、間に誰か共通の知り合いがいて、その方に紹介された場合はどうでしょう。

しかも、その共通の知り合いが、

「この人はいい仕事をするから、安心して任せられるよ」

と口添えしてくれたらいかがでしょう?

第三者によって会う前から「いいな」という印象を持ちますよね。

これで、ぐっと仕事につながりやすくなります。

ただし、この効果は「思っていたのと違うんだけど…」と思われると逆に印象が悪くなってしまいます。

紹介してくれる方の顔にドロをぬらないようにするためにも、

日頃から紹介されるような自分でいることが大切ですね。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。
※心理学を活用したプロモーション・広告制作のご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村