こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

私は企画部に属していて、企画書を作成することがあるのですが、

企画書に関するマニュアル本を読んでみました。

その中で一番大切だな、と思ったことをシェアします。

それは、「企画はアイディアのかけ算」ということです。

思いついたこと、2つ以上を掛け合わせると、新しい企画が生まれるきっかけとなります。

これは、研究開発と似ていると思いました。

私は以前、食品の開発をしていたので、参考になる例をご紹介します。

元々、水に入れて溶かすとゾル状になる2種類の多糖類があります。
※ゾルとは、ドレッシングやチョコレートソースのような粘度のあるものです。

実はこの2つの多糖類を一緒に入れて加熱して冷やすと、ゲル化するんです!
※ゲルとは、ゼリーやプリンのような固形のものです。
ゾルゲル

これはあっと驚くものでした。2つの多糖類は元々、存在していたもの。

まさに、2つの掛け算で新たな食感を生み出した例だと思います。

私も意外な組み合わせからあっと驚いていただける企画を提案できるよう、

日々アイディアをめぐらせています。広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」

ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ