こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

最近健康に関する情報ツール制作のお仕事で良く目にするのが、様々なホルモン

前回のブログで紹介したインスリンも、血糖値を低下させるホルモンです。

ヒトではたくさんのホルモンが生成され、それぞれ作用が異なります。

学生時代に国家試験の勉強のため、必死に覚えたころは、難しいなぁと思っていました。

ですが、私の好きな「ホンマでっか!?TV」で、評論家の先生方がわかりやすく説明していました!
ホンマでっか!?TV
例えば、セロトニンというホルモン。精神の興奮を鎮める作用があるのですが、

番組内で、‟幸せホルモン”と呼ばれていました。医療評論家のおおたわ先生が、

「幸せホルモンをたくさん作るために、チーズや大豆製品を食べましょう」と伝えていて、

とても印象に残っています。皆さんも食べたくなりませんか?

「セロトニンを体内で合成するために、前駆体のトリプトファンが含まれる食品を摂取しましょう」

と言われるより、なんとわかりやすいことでしょう!

同じことでも、 言い方ひとつでこんなにも魅力的になるんですね。

「ホンマでっか!?TV」では、難しいことを

一般の方向けに分かりやすく話している 
点で、表現方法の参考になります。

例えば、最近よく聞くCOPDは
慢性閉塞肺疾患と言って、一見何の事だかわかりませんが、

肺の生活習慣病”と表現すれば、ぐっとわかりやすくなります。

何気ないところから仕事のヒントを得ている、
広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
ランキングぽちっとお願いします!

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ