広告会社で働く管理栄養士のブログ

医療系広告会社「MEクレア」で働く管理栄養士が発信するブログです。                          日常生活から仕事に結びつくヒントを日々、探しています。 気が付いたことを発信していきます。

映画『パニック・ルーム』から学ぶ糖尿病低血糖の症状

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

生活習慣病の糖尿病という病気があることは皆さんご存知かと思いますが、

血糖値を下げる薬が効きすぎると、低血糖を起こします。

私は大学で糖尿病について学んでいましたが、

実際に低血糖の症状を見たことはありませんでした。

大学院に進学した後、糖尿病専門医の先生の講義を受ける機会があり、

糖尿病の低血糖の描写がうまく描かれている映画があるからと授業で見ることになりました。

今回はその映画をご紹介します。その名も、『パニック・ルーム』
パニックルーム

パニック・ルーム [DVD]
ジョディ・フォスター
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2002-09-27


パニック・ルームとは、緊急避難用の密室のこと。

とある親子が暮らす家に強盗が入り、親子はパニックルームへ入ります。

その際、糖尿病を持病にもつ娘が低血糖の症状を起こすのです。

恐らく、極度の緊張状態から・・・。

仰向けになった娘の足がしびれたかのように曲がってけいれんを起こし、

意識が遠のいていきます。

この足のけいれんの様子は、低血糖の症状をうまく表現しているのだそうです。

低血糖の時は、糖分を補う必要があります。

母親は娘を助けるために必死に糖分を探しますが、

でてくるものは薬や歯磨き粉などノンシュガーのものばかり。

娘を救うため、母親は外に出る決意をします・・・

この映画でさらに興味深いのは、娘が腕につけているものです。

一見、時計に見えますが、アップにされると何やら数値が表示されます。

グルコウォッチと言って、汗で血糖値を簡易的に測れるものだそうです!

(値が不正確なようで、現在販売は中止されているそうですが・・・)

監督が映画の細部にまで気を配っていたのだと感心しました。

お仕事で、生活習慣病に関わる情報ツールを制作する機会が多く、

実際の症状を知っていると、ツールの制作にもとても役立ちます。

このように、映画を医学的な目線から見ることは

非常に興味深かったので、もしご覧になる機会があれば、見てみてください。

次回は、糖尿病の描写が上手な映画をもう1本ご紹介します。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」
 
ランキングぽちっとお願いします
マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

橋之助さんのお誘いで行った時代劇の舞台で気づいたこと

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

GWはいかがお過ごしでしたか?

私は歌舞伎役者の中村橋之助さんにお誘いいただき、

橋之助さん主演の「御宿かわせみ」という時代劇の舞台を観に行きました。


初めて明治座を訪れたのですが、
 
客層へのマーケティングがしっかりされていると感じたので、

気づいたこと4点をまとめます。

①客層に合ったノベルティグッズを入り口でプレゼント!
まず、会場に着くと、入口でチケットを切られる際に、ノベルティグッズをいただきました!

それも、髪の毛にボリュームが出るシャンプー!

会場を見渡すと、やや年齢層が高い、お着物を召したマダムばかり。

こういったところでサンプルを配ると効果的なんですね!

②空調が弱冷房!ブランケットも用意!
空調はちょうど良く、

やや暖かいくらいでした。

コンサートや舞台は、空調が効きすぎて寒いと想定し、羽織りものを持参しましたが、
必要ないくらいです。

さらに、会場にはブランケットを配っている係員もいるほど、

やや年齢の高い方への配慮がありました。

③全席にクッション付き!腰にも配慮
更に、椅子には全席にクッションが付いており、3時間に渡る舞台でも、

腰が疲れないようになっていました。

やや年齢層が高い方への配慮が、しっかりされていました。

④お土産もマダム向け!
お土産はたくさん売っていますが、
 
漬物、お茶、甘納豆、おせんべいなど、
 
どれもマダム達が喜びそうなものばかり。

どの店舗も試食コーナーが充実しており、人だかりができていました。

ターゲットを明確にし、
十分に配慮する。

しっかりマーケティングされていると感じました。

普段は行かないような舞台だったので、

気づくことがたくさんありました。たくさん勉強させていただきました。

舞台は笑いあり、感動ありでとても楽しめました。

2003~2005年にテレビドラマで放映された時の主演のお二人が、

舞台でも再共演されています。素敵ですよね!

息子の宗生さんとの共演も必見です! 

橋之助さん、ありがとうございました皆さんも是非ご覧くださいませ。

今度は歌舞伎鑑賞に行き、

勉強させていただこうと思います。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp」


ランキングぽちっとお願いします
マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ


つい並んでしまう…限定感のあるブースには人が集まる?!

こんにちは。広告会社で働く管理栄養士、ナカノです。

先日、JAPANドラッグストアショー」に参加しました。

 

日本チェーンドラッグストア協会主催の、
主にドラッグストアの店頭に並ぶ商品を扱う企業が出展し、

ドラッグストアなどの小売店のバイヤー、卸売業者、一般消費者などが参加する
ビジネスチャンスを増やせるイベントです。

ドラッグストアショー

そこで私が気づいた点。
 

『誰でも試せるわけではないテスターコーナー、

誰でももらえるわけではないサンプリングをしている企業にはひときわ注目と集客力がある』

 

ということです。

 

参加者にとってみれば、
“せっかく来たんだからたくさん試したい”
“サンプルをもらって帰りたい”

と思います。

もちろん企業様側も、
“たくさんの方に試してもらいたい”
“サンプルをもらってほしい”

と考えているかと思います。

 

しかし、テスターにもサンプルにも、対応する人員にも限りがあります。
コストもかかります。

 

そこで

『そのメーカーの、そのブランドの新製品を使ってみたいと強く思っている方』

という強い思いを持った方のための、限定エリアを設けます。

列に並んでいただいたり、時間予約制にしたり、
会期前にヘビーユーザーさんにはチケットを渡しておいたり・・・

 

すると、ヘビーユーザ―の方(あるいは予備軍)に、効率的にアプローチができます。

逆に参加者も「何でもいいから何かもらって帰りたい」という方は

行列に並んでまではいいや、とフィルターをかけることにもなります。

 

さらにブースで行われている『限定感』に注目も集まります。

 

もちろん広く認知度をとにかくあげたい、というときにはそぐいませんが、

多くの方と接触できるエリアと限定エリアを設けることは、

アプローチ方法、内容も異なるので、1つの良い案かと思います。

広告会社で働く管理栄養士、ナカノでした。

 

※プロモーションのご依頼・相談は「コチラ⇒info@mecrea.co.jp 
 

ランキングぽちっとお願いします
マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

学会や展示会、イベント
など、マーケティングに役立つ情報をお届けします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード